1. トップ
  2. 選挙情報
  3. 2018.0 4.10
2018.04.10
 
愛媛・松山市議選
3期目を目指して全力投球
 



梶原ときよしさん

   任期満了に伴う愛媛県松山市議選(定数43)は4月22日告示、29日投開票で、新社会党は現職で3期目をめざす梶原ときよしさん(60歳)を推薦、全力を上げている。53人が立候補の見込み。 梶原さんは、@「異議なし」ばかりの不用な議会からチェック機能のある真の議会へ、A一人ひとりが大切にされる市民のための市政へ―をスローガンに、想定される大地震の津波被害対策として市内8000カ所に「海抜表示標識」の設置、市施設への新電力の導入で年間1億円以上の電気代の節約などの実績を上げてきた。 
 梶原さんは2期8年・32議会で連続登壇を記録しているが、地道な調査と活動に裏付けられた質問は、「松山市議会で市政をチェックできる唯一の議員」と評価が高い。 またこの3月議会では、市長を含め理事者総ぐるみで隠ぺいしようとしているカラ出張や税金詐取の問題を取り上げ、不正と不祥事の温床となっていた「領収書添付不要」の出張制度を改めさせるなど、全国ニュースにもなる活躍ぶりだ。



梶原ときよしさん    325票    34位
 
 ↑上にもどる