新社会党
  1. トップ
  2. 週刊新社会
  3. 今週の新社会
  4. 2017.10.10
 
全国で野党共闘を支え
兵庫9区 きくち憲之勝利へ総力


 「改憲ストップ・安心に暮らせる社会を」と訴えるきくち憲之候補と新社会党の岡﨑ひろみ委員長

◇きくち憲之選挙事務所
兵庫県明石市相生町1-2-21 
℡078(914)4341
◇きくち憲之の公式HP
http://hipeace.jugem.jp 
◇カンパ送り先 
郵便振替口座
00920-7-236712 
きくち憲之を励ます会
 「モリ・カケ」疑惑隠しを狙い、憲法9条改悪を重要公約に安倍首相が仕掛けた解散・総選挙は、「戦争法と改憲容認」を掲げる「希望の党」が民進党を吸収して参戦、10月22日の投票に向けて10日公示される。立憲野党と市民は、希望の党の「戦争法・改憲容認」の踏み絵を拒否して闘う前民進党議員らの候補者を支援して当選へ全力を上げる。新社会党は、市民の闘いと連帯して共闘を進めるとともに、兵庫9区で立候補する無所属きくち憲之候補の勝利へ総力をあげている。また、総選挙に当り、「真実に希望をもてる政治勢力をあらゆる良心を総結集して築きあげよう」とする声明を出した。


 衆議院総選挙の公示を迎える兵庫9区の野党共同候補きくち憲之さんは、「自民、希望のいずれが勝ってもこの国の政治は変わらない。改憲をストップし、平和に暮らせる社会とするためには野党勢力の大きな前進が必要」と強調し、新社会党はじめ共産党、社民党、緑の党などの支援を受け勝利へ全力を上げている。第一声は明石駅前で発する。
 また、衆院議員経験者として、きくち候補の闘いに寄り添ってきた新社会党の岡﨑ひろみ委員長は、「アベノミクスの恩恵を受けたのは、大企業と一部の富裕層だけ。多くの人びとは賃金や年金など収入は減る一方だ。きくち候補は、暮らし最優先の政治実現を第一に掲げている」と述べ、きくち候補への支持を呼びかけている。きくち候補とともに上げる第一声では、「全国の党の力を結集してきくち勝利に邁進する」と力強く表明する。
 きくち候補の街宣などでは、「安倍の身勝手な解散に憤っている。きくちさんがんばれ」「今のままでは暮らせない。時給1000円以上になるよう頑張って」などの声が寄せられている。
 きくち候補は、「市民と野党の力で“アベ暴走政治”にストップ!」をスローガンに、
①9条改憲を許さない
②森友・加計学園事件の徹底究明 
③原発ゼロ、自然エネルギーの拡充
④非正規雇用や長時間労働をなくす、の4つを柱に勝利をめざして奮闘している。
 なお、きくち憲之選対では、18 日(水)18時30分から、明石市民ホールで決起集会を予定している。




一覧へ
TOPへ