新社会党
  1. トップ
  2. 週刊新社会
  3. 憲法/平和
  4. 2018.09.04
 2018.09.04
石川文洋「写真展」1085名訪れる
『戦争と子どもたち』

 
 報道写真家・石川文洋さんが撮ったベトナム戦争写真を展示し、戦争の実態・平和の尊さを訴える「戦争と子どもたち 元戦場カメラマン 石川文洋ベトナム平和写真展」が7月21日から29日まで、水戸市の茨城県立図書館展示室ギャラリーで開かれた。

 主催したのは、憲法を生かす会・水戸で期間中、1085名が訪れた。

 用意したアンケート用紙には、「終戦の日に近いこの日の文洋展、平和な日本を永遠に続けさせるために頑張る力が倍増しました。主催者の皆さんに感謝します。ご苦労様です」などと書かれ、昨年から取り組まれた実行委員会では、「苦労が吹き飛んだ」の声も。

 期間中、10名が輪番でギャラリー会場の当番に当ったが、メンバーの1人は「写真集からずっと離れない2人の女子中学生や、2人の子どもに写真の説明をずっとしているお母さんの姿を見て、逆に励まされた」と感想を語った。

 また、実行委員会反省会では、「来年、再来年と反戦平和の位置付けとしてのパネル展を続けていきたい」と前向きな意見が出た。
                              (茨城・新妻)