新社会党トップへ
  1. トップ
  2. 週刊新社会
  3. たんこぶ
2019.02.19
辛淑玉連載 たんこぶ
済生会川口総合病院の
        ヘイト医者
    
連載第567回
 医療関係者の専用サイトに、嫌韓やレイシズムが溢れかえるようになって久しい。 堂々と実名でヘイト発言をする医者もいる。そんな輩が最近増えたのではなく、ネットを通じてその姿が見えるようになってきたのだろう。

 先日、私が「何が怖いか。軍服コスプレの右翼より、日常の生活に潜むレイシストの存在が恐怖を呼び起こすのだ。医者や蕎麦屋、車のディーラーや親子連れ、ホテル勤務の人などの普通の人々のヘイトは、日常生活ができなくなるほどの恐怖を与えるのだ。医者にかかるたびにドキッとする日常が、どれほどしんどいか」とツイートした。

 すると、済生会川口総合病院の麻酔科医長大畑亮介氏が匿名で「もはや精神病のレベルですね。可哀想に。処置入院をおすすめします。そして、シャバにでてこないことを強くおすすめします」と返信してきた。

 彼の身元はすぐにバレた。その後、私のフォロワーが「麻酔科の大畑亮介さんに反日認定されたら、施術の際に何をされるかわかったものじゃありませんね。怖いですね」と返信したら、「されないようにね」と大畑医師は返した。

 大畑氏は他のツイートでも、「韓国は犬です。お仕置きが必要です」といったヘイトを撒き散らしていた。身元がバレても強気の発言を続けていたところを見ると、自分の発する言葉に自信があったのだろう。

 大畑氏の勤務する病院に抗議や問い合わせが続いた結果、院長名で謝罪のコメントが出された。

 しかし、そこに私への謝罪はない。

 「不適切な発言」で「不快な思いや不安感」を与えたというだけで、具体的に何が問題だったのかも、どのような処分を行うのかも書かれていない。それ以前に、大畑医師本人が、悪いことをしたと思っているかどうかさえ不明だ。

 そんなヘイト医者の姿の向こうに、凶悪な人体実験を繰り返した731部隊の亡霊が見える。彼らもまた、戦後、処罰されることなく大学や官庁の役職に復帰し、やがて薬害をも生み出したのだ。



 ↑上にもどる
トップへ

週刊新社会トップへ