HISTORY

新社会党の歴史

1996年3月新社会党が結党されました。写真は1996年3月6日の国会前請願を受け付ける新社会党衆参議員団
左から
山口哲夫(参)、矢田部理(参)、小森龍邦(衆)、岡﨑ひろみ(衆)、栗原君子(参)
1996年『週刊 新社会』が発行。
現在も新聞を通して様々な活動を伝えています。
1996年に行われた衆院選に向けての街頭演説会。
2001年矢田部理参院選候補の
演説会。金子みつ(元衆院議員)
斎藤一雄(元衆院議員)伊藤成彦
(中央大学教授)内田雅敏(弁護士)
などたくさんの応援弁士がアピール。
2001年参院選。栗原君子現職の集会。小森龍邦が応援。
2002年有事法制反対!代々木公園を出発する新社会党デモ隊。
2002年7月第7回大会で新社会党綱領
『21世紀宣言』を採択。
2007年参院選
天木直人さんや多くの市民運動家と比例共同名簿。
栗原君子委員長と応援にたつ
糸井怜子(キリスト者政治連盟・左)と神田香織(講談師・右)
2007年にユニオンネットお互いさまを結成し、新社会党は各地の地域ユニオンを支えている。
写真は2013年のユニオンネット
お互いさま大会時のもの
2010年参院選
社民党の比例名簿に原和美(新社会党兵庫県本部委員長)を登載して闘う。
右は神田香織さん
2010年国鉄闘争 最高裁判で1047名不当解雇の勝利的和解を成立
主任弁護士の加藤晋介(現新社会党副委員長)が和解を実現
2011年4月13日、事故直後
原発被災地へ視察(右・松枝佳宏委員長) 南相馬市
2012年代々木公園の反原発集会を出発する新社会党
2012年6月「原発被害者相双の会」(会長・国分富夫)結成集会
会津若松市
各地の反基地集会でも先頭に
2014年飛行機差し止め
第四次厚木基地爆音訴訟判決集会
2015年原発避難者訴訟
東電の責任と「ふるさと喪失」の賠償も求め、東電を福島地裁いわき支部に提訴した第一陣
2015年 東日本NTT関連合同
労働組合ストライキ
2016年20周年記念大会を迎えた。