道しるべ

差別・分断生まない給付に
子どもに10万円給付

2021/12/01
 自公両党は11月10日、「18歳以下の子どもを対象にした10万円相当給付」を、960万円の所得制限を設けて実施することで合意した。これを巡っては、「バラマキだ」との批判も出ている。

 公明党は先の総選挙で、「18歳までの子どもを対象に、1人当り一律10万円相当を支援する『未来応援給付』」を掲  ・・・続きを読む

やるべきことは軍縮だ
極超音速兵器と軍拡競争

2021/11/24
 世界が新型コロナと気候変動対策に呻吟している中、極超音速兵器の開発や軍事同盟の枠組み作りで、「新たな冷戦」ともいうべき事態が進行している。求められているのは、緊張緩和と軍縮だ。

 米露中の3国は、極超音速ミサイル開発に血道を上げている。中国は2014年に開発し、ロシアは16年に実験を行った。  ・・・続きを読む

「分配強化」はウソだった
新しからざる資本主義

2021/11/17
 岸田文雄首相は「新しい資本主義実現会議」を設置、10月26日に初会合を開いた。15人の有識者委員の内2人は経済財政諮問会議の議員を兼務する。来春にも構想を取りまとめるとしている。

 首相は会議でデジタル化や脱炭素、経済安全保障などの課題について11月上旬にも緊急提言案をまとめるよう山際大志郎  ・・・続きを読む

共闘堅持と護憲の核作りを
総選挙結果と今後の闘い

2021/11/10
 総選挙の結果、課題はより右傾化する自公・維新勢力と対決する展望をどう切り開くかだ。選挙戦で見えた野党側の弱点を直視し、来年の参院選闘争にむけ反撃の態勢を直ちに作り出そう。 

 野党4党が候補者調整して自公・維新と対峙したが、立憲、共産両党は議席を減らし、れいわだけが比例で増やした。共産党の協  ・・・続きを読む

本土の連帯が実を結ぶ
高江の人々に「法の光」

2021/11/03
 「2016年後半の高江に5年後に差した『法の光』になった。愛知県警による機動隊派遣が違法だと明確に認めた」、『沖縄タイムス』(10月8日付)は名古屋高裁判決をこのように評価した。

 愛知県警の機動隊高江派遣は「違法」、「請求棄却」の一審判決が変更され、住民側が逆転勝訴した内容はこうだ。 
  ・・・続きを読む

投票箱が閉まるまで全力で
総選挙は最終盤

2021/10/27
 政権交代を最大の争点に闘われている総選挙は、10月31日の投票へ最終盤を迎えた。自民党が単独過半数確保かどうかという情勢と伝えられる。残る時間で逆転し、自公政権を終わりにしよう。

 腐敗・強権の自公政権を倒す絶好の機会である総選挙は、最終盤に入った。

 この選挙で問われているのは、若者  ・・・続きを読む

安保強化と軍拡阻む投票を
総選挙スタート

2021/10/20
 岸田政権と対決する総選挙が始まった。政権が何を目論み、立憲野党はどう対峙するか。小選挙区での野党共闘勝利と合わせ、各党の政策選択である比例区では、社民党への支援を呼びかける。

 新しい資本主義?

 岸田文雄政権は、「新しい資本主義」という言葉の粉飾の下に、一段と軍事力強化に向かおうとし  ・・・続きを読む