道しるべ

外交・安全保障政策の転換点
湾岸戦争から30年

2021/02/23
 今年は1991年1月に始まった湾岸戦争から30年。日本はこれを契機にPKO法制定・海外派兵常態化、数度の防衛大綱改定や集団的自衛権の行使容認によって自衛隊はますます肥大化している。

 1990年8月、イラクは隣国クウエートに侵攻し全土を占領した。国連は無条件撤退決議、経済制裁決議などで武力侵  ・・・続きを読む

処遇差別撤廃の一里塚に
21春闘の課題

2021/02/16
 21春闘が始まった。経団連の中西宏明会長は労使フォーラムで、「一律の賃上げは現実的でない」と表明。連合の神津里季生会長は、「日本が抱える危機を克服する意思が感じられない」と批判した。

コロナ禍を逆手に

 経団連は1月19日、経営側の21春闘の指針「21経労委報告」を発表した。21報告は  ・・・続きを読む

中止を決断すべきときだ
東京オリ・パラ

2021/02/09
 新型コロナの感染者が世界で1億人を超えた。どの国も今夏の東京五輪・パラリンピックどころではないのが実情だ。国際世論は中止論が高まるが、日本国内でも「再延期・中止」は8割を超す。

 日本をはじめ、多くの国々で新型コロナ感染拡大に歯止めがかかっていない。日本では、緊急事態宣言が再び発令された。世  ・・・続きを読む

言葉を失うお粗末な内容
菅首相の施政方針演説

2021/02/02
 新型コロナ感染者・死亡者数は連日最多を更新、医療崩壊で自宅死亡が多発し、飲食店は潰れ失業者が路頭に迷う。通常国会が始まったが、首相演説と答弁は最悪。政権は早くも末期症状だ。

 作年11月から感染が急増、野党は臨時国会の延長を求めたが、菅義偉首相や与党議員は宴会に耽っていた。野党提出の特措法と  ・・・続きを読む

党内進歩派か共和穏健派か
岐路に立つバイデン政権

2021/01/26
 バイデン米政権は1月20日の大統領就任で発足。ジョージアの決選投票の結果、民主党は上下院とも実質的に多数を得た。共和党は混迷の度を深めているが、スタートから岐路に立っている。

混迷深める共和党

 共和党は大統領選の敗北だけでなく、トランプの選挙後の暴走によって大きなダメージを受けた。ト  ・・・続きを読む

歴史的な転換を予感する
「核兵器禁止条約」発効

2021/01/19
 核兵器禁止条約が1月22日発効する。核禁条約の実現は、大国の核が支配する世界から、平和を希求する国際世論と多くの小国の結束によって民主的・人道的に発展していく世界のあり方を示す。

 核兵器禁止条約は、オーストリアやメキシコなどが主導し、2017年7月に国連で採択された。条約に署名した国は84  ・・・続きを読む

新型コロナ感染対策を急げ
21年度の政府予算案

2021/01/12
 21年度政府一般会計予算案は、20年度第3次補正案と一体の15カ月で計130兆円に迫る。コロナ対策を謳うが、実際にはデジタル化・脱炭素など経済構造転換への財政支出が多く並ぶ。

 20年度第3次補正案での追加歳出額は21兆8353億円に上る。だがコロナ感染対策は4兆3581億円のみで、大半はポ  ・・・続きを読む